<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">

特定非営利活動法人ふくふくの会

Tel/Fax 0897-77-3663 〒794-2503 愛媛県越智郡上島町弓削上弓削3番地 ホームページを見たとお知らせ下さい。

ふくふくの会本社 ブログ

ふくふくな人びと

限りある日々

 学生の頃は、「死」というものが怖くてたまりませんでした。今思えば、わからなかったから怖かったのだとわかります。

 ふくふくの会に入社して、初めて施設で亡くなられる方を見た時、ショックや悲しみ、恐怖といった感情を持ったことを覚えています。

 それから、時が経ち、どんなに長生きな方でも必ず最後があること、永遠の命はないことを利用者さんたちが教えてくれました。そして、次第に、「死」を特別視する必要がないこと、精一杯生きて亡くなることは、悪いことじゃなく、むしろ生き抜いたことであり、かっこ良く感じるようになりました。

「身体が動くうちにいろんなとこ旅行しなさい。」
年をとっての楽しみは?
「食べること、それだけ」

 利用者さんの言葉が、頭にストックされていきます。あの人に言われたからって、かっこ悪い理由ですが、旅行に行く時は、必ず旅行好きだった利用者さんを思い出しますし、ちょっとオシャレなレストランでスープをスプーンで飲む時は、食べることが好きだった利用者さんを思い出します。

 認知症だって、怖いものでは、なくなりました。認知症とまとめていいのかと思うほど、理由や症状は人により違います。それに、その前に、〇〇さんであり、〇〇さんの症状の一つであるだけだからです。

「私が、おばあちゃんになって、施設に入れてもらえたら、神戸プリンを差し入れに持ってきてね。」と、割と本気のお願いを周りにしたり(笑)

 限りがあるから、人生楽しいんだと思えるようになりました。後回しにせず、今を楽しみ、いろんなことに挑戦して、家族や施設で可愛がられるおばあちゃんになりたいですね。

(村上永)