<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">

特定非営利活動法人ふくふくの会

Tel/Fax 0897-77-3663 〒794-2503 愛媛県越智郡上島町弓削上弓削3番地 ホームページを見たとお知らせ下さい。

ふくふくの会本社 ブログ

思い出を語る会

作業回想法 芋掘り

11/15  テーマ 作業回想法 芋掘り

参加メンバー 清水ハツエさん、小西節子さん、中塚基子さん、益井千代子さん、竹ノ畑博壬さん

今日は、回想法の予定通りだと芋掘りの予定で、少し掘ってみるとまあまあ大きな芋が見えたので掘ってみることにしました。
実際に大きな芋がゴロゴロ出てきたので、出来は良かったのではないかと思います。


毎年思いますが、皆さん無我夢中で土にまみれながら掘り進んで行きます。なので、あっと言う間に終了でした。
特に清水ハツエさん、小西節子さんは、勢いを感じました。竹ノ畑さんは、掘った芋を得意げに見せてくれました。


協力してくださったスタッフのみなさんありがとうございました。
本当はもっと乾いた日がベストな収穫日だと教えてくださったスタッフさんありがとうございました。勢いで掘ってしまいすみません<(_ _)>


※見えると芋が欲しくなる方もいますので、芋は外玄関のデッキで新聞を上にかぶせた状態で乾かしています^^;
焼き芋や普段の調理に使ってください<(_ _)>よろしくお願いします!
村上永

夏野菜の苗を植えよう!

7/12 作業回想法 テーマ 夏野菜の苗を植えよう!

参加メンバー 清水ハツエさん、田中ムツエさん、竹村増江さん、本山孝子さん、石田慶一さん、小西力さん、小西節子さん、中塚基子さん

今日は、以前蒔いた夏野菜の芽がだいぶ出てきたので、プランターに植え替えました。
みなさんの前にプランターを置かせていただきました。


まずは、ムツエさんが、「きゅうり」を植えたいとのことで、ムツエさんに3本くらいの苗の固まりを渡して、ご自分でほぐして植えてもらいました。本山さんは、「オクラ」を植えてくださいました。本山さんは、慣れた手つきでスルスル植えてくれてます。清水さんは、「何を植えるん?」など、早く植えたい様子でした。「コーン」をおねがいすると、職人さんモードで、黙々と植えてくれています。中塚さんは、一番難しい葉ねぎ(苗が集中していて、ほぐしにくくなっていました^^;)を植えてくれています。

最後に水をたっぷりみんなでやりました。うまく育つといいですね。これから、ご利用者さんに水やりをおねがいしたいと思います。最近知ったのですが、室内の電気を浴びるより、太陽光を直接浴びる方がなんとかが桁違いで多く浴びれて、よく眠れるみたいですね。安眠のためにも水やりをおねがいします~(^^)

最後にみんさん手洗いをされています。清水さんは、爪にまで土が入ってしまいましたが、「家帰ったら、とれる(笑)」と、気にされていませんでした。爪に土が入るなんて当たり前なくらい土をいじられていたんでしょうね(^o^)

午後から残りを植えようと思います!協力してくださったスタッフさん、ご利用者さんありがとうございました(^^)
(村上永)

散髪の想い出・昔の遊び

散髪の想い出・昔の遊び

参加メンバー 上杉良枝さん、清水ハツエさん、佐伯信子さん、竹村増江さん、奥薗キヨ子さん、吉井敬子さん、松下幸子さん

今日は、中学生が遊びにきてくれました。回想法、学習療法、いつものフロアの様子、廊下散歩など、各スペースで同時進行に体験してもらいました。なので、回想法は、山広間で二回しました。初めは、予定通り散髪の想い出、次に、昔の遊びについて回想しました。

今日は、まとめで書いてみます。

①散髪の想い出
主に、竹村さん、上杉さん、佐伯さんがお話をしてくれました。上杉さんは、中学生に向かって質問したりと、普段と違い、先生モードでした。助かりました。※ちなみに、上杉さんは、本当に先生をされていたそうです。佐伯さんも、パーマをあてていたことや、シラミを取るのに櫛でとったと実演してくれました。
竹村さんも、シラミの話で「シラミは頭に卵も産んでね。」と、みんながびっくりすることも教えてくれました。
散髪は、利用者さんは、お母さんが切ってくれていたそうです。竹村さんは、普通のおかっぱではなく、おかっぱの後ろ髪、刈り上げバージョンが好きだと、教えてくれました。

中学生は、女の子が3人参加してくれました。下弓削商店街にお店がたくさんあった頃の話をするとびっくりしていました。懐かしの写真も楽しそうに見てくれました。彼女たちの中でも回想があり、お話をしていたので、楽しんでもらえたかなと思います。

②昔の遊び
こちらは、松下さんと佐伯さんがメインで盛り上げてくれました。今回は、男の子が4人参加してくれました。どんな遊びをしてましたか?と問うと、小さい頃に、メンコやコマ、けん玉など昔の遊びをしたことある子、したことない子など、4人ともに違いましたが、みんな佐伯さんの実演、松下さんのお手玉しながら数え歌を披露など、興味を持って聞いてくれていました。
佐伯さんは、自ら、「僕!しっとるか?パッチンはな~。」と、お話をしてくれました。良い笑顔でした。佐伯さんにとってもよかったなと思いました。
一回目とは違い、どちらかと言えば、作業回想法でしたね。西元さんも協力していただき、みんなでコマ回しを楽しんでいました。最終的には、おじいさんたちの前でも披露してくれて、「わしの時は、もっとコマ大きかったぞ。」と、宮崎さん。「まわせるんかの?」と、力さん。温かく見守ってくれていました。

利用者さんも中学生も笑顔で楽しんでくださったと思います。
ありがとうございました。

(
村上永)

ぬか漬けを作ろう!

ぬか漬けを作ろう!


今日は、急遽、作業回想法をみんなで楽しみました。出勤すると、キュウリがいっぱいあるから、ぬか漬けにできないかな?と、よしみさんと香さんから提案があり、やってみよう!と、いうことになりました。※確かに、袋に入った3本入りきゅうりが2袋開封されぬまま腐敗しておりました...(/_;)

そこで、あさ子さんに頼んで農協の購買で買ってきてもらおうとしたら、購買には、ぬかが少ししかなく、生協は、ぬかはありましたが容器がなく...ってことで、因島モールまで買いに行くことになりました。田房美穂さんに協力していただき、必要なものを入手することができました。ありがとうございます。

ふくふくに帰って来て、作業を開始しました。最初は、山下弘子さんにぬかを容器に入れてもらって、さらに混ぜてもらいました。ゴム手袋は匂いが移るとのことで、手を綺麗に洗ってもらいアルコール消毒して、作業をしてもらいました。「私、したことないから。」と、言いつつも、うまい具合にせっせと混ぜ合わせてくれました。

次に清水ハツエさんもぬかを容器に入れるをやってもらいました。清水さんは、「ハツエさん、手は容器以外触らんようにしてね。」と、お願いすると、ちゃんと、手を宙に浮かせたまま待ってくれていました。袋からぬかを出す際、上下を間違えてなかなか大変そうでしたが、最終的にきちんと入れてくださっています。ありがとうございます。

最後に、上杉良枝さんが、爪を切りたてだったので、手を綺麗に洗って挑戦してもらいました。そんな上杉さんを横から田中ムツエさんが「おいしくなかったら、ばあちゃんのせいで!」とか、やじを飛ばされています。田中さんは、現在、手の皮がむけているので、今回は声のみの参加です。「塩を入れたんと交互にせにゃ!(怒)」など、やじが飛ぶ中、集中をなんとか保って、良枝さん、キュウリをうめるとこまでがんばってくださいました。ありがとうございます。

ぬか漬けの素は、二種類買ってます。一つは、もう食べられます。10時間くらい置いたら良いそうで、明日に食べれるみたいです。早速明日食べてみましょう。もう一つは、キャベツの芯を捨て漬けでつけています。次回から漬けれるみたいです。
あと、ぬか漬けのみでは、きゅうりが腐ってしまうので、朝漬けの素も買っています。早速、さやかさんが漬けてくれています。こちらは、30分で食べることができるので、おいしくいただきたいですね。ありがとうございます。

ぬか床は、外冷蔵庫で保管しています。その際、中のものを少し移動しています。すみません。捨ててはいません<(_ _)>一日2回は、全体的に混ぜた方が良いそうです。手が綺麗な、手を綺麗にしてくださったご利用者さんにお願いしたいです。フロアさんご協力をおねがいします。スタッフのみなさん、手伝っていただきありがとうございました<(_ _)>

(村上永)

夏野菜の種を植えよう!(作業回想法)

参加メンバー 石田慶一さん、山下弘子さん、田中ムツエさん、上杉良枝さん

今日は、以前から夏野菜の種を植えようと思っていたのですが、残念ながら雨...。
なので、今回は、昨年と同様に、デッキでプランターに蒔いてみました。芽が出てきたら、畑に移そうと思います(^^)

田中さんは、「まさかここでこんなことするとはな(笑)」と、言いながらも「なんでもしますよ(笑)」と、楽しそうに土を入れたり、種を蒔いたりしてくださいました。
石田さんは、「石田さん、これ何をしているかわかりますか?」と、聞くと、「?????」と、頭を傾げてましたが、いざ種蒔きが始まると原田さんと一緒に種を蒔いてくれています。
上杉さんは、蒔いて欲しいなあと、こちらが思うところになかなか蒔いて下さりませんでしたが、終始楽しそうに蒔いてくれています。
山下さんは、慣れた手つきできゅうりをほいほいと10秒もかからずに蒔き終っています。

芽が出るといいなあと思います。小部屋側のデッキに置いてますので、カラカラになっていたら、水やりをおねがいします<(_ _)>

(村上永)

梅干しの想い出(ふくふく)

梅干しの想い出(ふくふく) 

☆梅干し☆
梅干し漬けたことありますか?
本山さん「いいえ、ないです(笑)」
梅干しは好きですか?
本山さん「好き。祖母が漬けてたけど、おいしかった。うちには、大きさの違う梅が3種類漬けてあったよ。」
小西さん「ねえちゃん、梅の木は、大きくてもこがなかろ(ジェスチャーあり、小さい、細いイメージでした)、梅を一個一個とるのめんどうじゃけ。気を揺さぶって梅を落とすんよ。」
なるほど~(^^)弘子さんは梅好きですか?
弘子さん「嫌い。大嫌い(笑)甘いのが好き。」
小西さん「ねえちゃん(弘子さん)、杏子が熟れとるのおいしいでえ。食べたことある?」
弘子さん「ないです。」
石田さんは杏子食べたことあります?
石田さん「杏子?わからんのお。」
小西さん「(石田さんは)大阪育ちじゃけのう。」

☆大阪☆
石田さん、小さいころから大阪だったんですね。
小西さん「高校くらいまで大阪じゃったで。うちの兄貴も歳が同じくらいで、(石田さんは)金持ちじゃって、皮の靴買ってもろとって、兄貴がうらやましがっとった。(石田さんと小西さんは親戚)」
そうなんですね。石田さん大阪弁しゃべりませんね?
石田さん「大阪弁?あれは、ブサイクな。日本語じゃない。」
ありゃ^^;
石田さん「人を見てすぐ、『あいつ、アホやなあ~』って失礼じゃ。」
なるほど^^;本山さん、石田さん大阪育ちなんですって。
本山さん「私も大阪。」
ええ~本当に?^^;
本山さん「生まれたのは、大阪。妹が生まれてね。私が2歳ぐらいの時、子どもが多くて大変じゃろうって、祖母が弓削に連れて帰って育ててくれたんよ。友だちが、自分の兄弟や両親のこと悪く言ったりするの聞いて、なんでそんなこと言えるんじゃろ?って思ったよ。おばあさんっ子は、三文安いなんて言われたりもしたけど、祖母には、感謝してるよ。」
大事に育ててくれたんですね(^^)

☆本山さん☆
駄菓子屋さんは、いつからされているんですか?
本山さん「初めは、衣料品店。おばあさんと一緒じゃけ。それで、お菓子も!ってことで駄菓子屋をおばあさんと一緒にやりよったよ。」
おばあさんの代から本山(駄菓子屋)は、あったんですね。

☆弁当☆
小西さん「チソ食べるのも好きよ。」
おいしいですよね。
小西さん「シャケの頭に、塩をいっぱいつけて焼いての。それをご飯の上に入れて弁当持って行きよった。その日はの、シャケの頭は、そのままにして、塩の付いたごはんに食べての。また次の日、そのシャケの頭をごはんに乗っけての、頭を食べよったけど、目玉も美味しかったのう。はらわたもの。塩いっぱいつけての。同じようにしよったで。」
原田さん「昔は、塩たくさんつけてしょったみたいなね。弘子さんは、シャケは好きですか?」
弘子さん「シャケは食べます。」

☆電卓☆
竹安さん「姉(弘子さん)は、そろばん習ってたからね。今でもそろばん覚えてると思うよ。私は、学校でちょっと習っただけだからね(笑)電卓が出たころはね。1万円くらいしたけどね。」
そうなんですか^^;高いですね。
竹安さん「今は百円でも売ってるね。当時は、私、安月給だったけど、買ったよ。嬉しかったね(笑)」

(村上永)

修学旅行、遠足の思い出

修学旅行、遠足の思い出

スタッフ:みなさんの修学旅行や遠足の思い出を聞かせて下さい。

小西:九州の嬉野温泉に行ったでぇ。バスで関門橋渡って2泊3日。食べきれんくらいごっつぉが出たでぇ。
ねえちゃん、なんで嬉野温泉ゆうかしとっる?
スタッフ:温泉入って嬉しいのお?
小西:誰がゆうたか知っとる?
スタッフ:西郷さん?天皇陛下?
小西:いいや、武士よ!
スタッフ:有名な人?
小西:名前はわからんけど武士よ。(^_^;)

上杉:修学旅行やは行かんけど、遠足は因島公園に行ったよ。
スタッフ:おやつやお弁当は?
上杉:おいしい物持ってね。昔のことじゃけん忘れたけど、あんまりええもんはなかったよ。
山下:なんか関西のほうへ行きました。お弁当はにぎり飯くらいで、おかずはそこらへんのもん。

石田:私は大阪から生名へ来ました。こっちのほうが空気がええ、今はもうここのほうがいいです。
スタッフ:(ありゃ

梅ジュース(作業回想法)

 今日は、昨年から漬けたままだった梅ジュースをみなさんで、入れ物に移してもらって飲める状態にしました。

 まず、松下さんにフタを開けてもらい、一人一人匂いを楽しんでもらいました。「ええ匂いがするね。」と、みなさんこの時点で喜ばれていました。上杉さんも立ち上って、匂いを嗅ぐなど、待ちきれない様子でした。

 ここからは、一人一人、容器に梅ジュースを移していただきました。まず、松下さんですが、かなり几帳面で、こぼさず入れてくださいました。「ありゃ、梅が入ったが!」と、一粒でも梅が入ったら、気にされていました。

 山下さんも小柄ながら、大きな瓶の容器から梅ジュースを丁寧に移してくださいました。上杉さんは、ちょろちょろ入れて下さいながら、「誰かいる人おる~?手挙げて~?」と、みんなに聞いてくださいましたが、六角「......」上杉さん「いる人手~挙げて~!」みなさん、聞こえてなかったのか反応があまりありませんでした^^;

 一年漬けてましたが、梅の実もプリプリで味も美味しかったです。みんなで味わい、最終的には、自分の好きな量で梅ジュースを作って飲まれていました。和やかな雰囲気で利用者さんとスタッフさんと楽しめたのでよかったです(^^)v
(村上永)

結婚式の想い出

☆結婚式の想い出☆


力さん「フィリピンで(親戚が)結婚式した。ブタの丸焼きが出てな。仲人の人が切ってくれた。ねえちゃんら、外国はどこ行っても同じように高いビルがあるだけよ。違うのは顔だけよ。オリンピックの 顔と顔~♪」
原田さん「オリンピックの歌じゃね。三波晴夫の。」
上杉さん「ほんまにね。」
原田さん・上杉さん東京五輪音頭を歌う。

☆松下さん☆
田房美穂さん「松下さん、結婚式のこと憶えてますか?」
松下さん「はい。憶えてます。立派にしました!(笑)戦後のね、昭和20年じゃけどね。それでもちゃんと着物着たよ。親戚がね金持ちでね。ちゃんと帯もつけてね。ちゃんとしてもらった。ちゃんとしてもらった!ガハハハ!(笑)」

☆田中さん☆
原田さん「ムツエさんは結婚式どうでした?」
ムツエさん「日立会館。白無垢来てな。タクシーで行った。」
原田さん・村上「タクシーあったんですね。」
原田さん「髪の毛はどうしました?」
ムツエさん「自分の髪で角隠し。」
力さん「姉さんはカツラじゃった。」
原田さん「角は隠れてましたか?(笑)」
ムツエさん「隠れとったよ(笑)」

☆結婚☆
力さん「ねえちゃん、もし姉ちゃんとわしが結婚するとしたらな。」
なんか想像したくないですね...^^;
力さん「親同士が決めた結婚はな。ダメになるで。お互いに好きじゃないといけんで。」
なるほど...^^;

☆久美子さん☆
原田さん「久美子さんの結婚式はどうでした?」
久美子さん「あ~昔じゃけ。」
原田さん「何着ました?」
久美子さん「喪服。」
原田さん「え~^^;留袖じゃないですか?」
久美子さん頷く。
田房輝明さん「旦那さんは何をしよった人?」
久美子さん「日立。」

☆宮崎さん☆
久美子さんの話で村上かずよしさんが出てくると突然...
宮崎さん「村上かずよしは、わしの兄弟!あんた知らんかもしれんけどの!」
なるほど^^;
原田さん「宮崎さんの結婚式はどうでした?」
宮崎さん「わしは、和歌山の方でした。おったんよ。忘れてしもうたけど、友だちがこうこうで良い子がおると紹介してくれた。結婚して生名に帰った。自分が惚れた。」

☆クイズ①☆
力さん「みんながの。麦とか食べよる時代に、米食べよった人らがおる。ねえちゃんら何でかわかる?」
ん~金持ちだったから?
力さん「今治(いまはる)からとってきよった。」
原田さん「配給米ね。」
力さん「米をフネで運びよったんで。そこで、わざと袋を裂いて。米が床にこぼれるじゃろ。それで、フネから米を下した後に、フネをそうじして米を集めて食べよったらしいで。」

☆クイズ②☆
力さん「ねえちゃんら、これ正解したら、好きなもんなんでも買ってあげる。」
原田さん「買ってもらったことないけどね^^;(笑)」
力さん「雨の日に、潜水式したら、みんなが腹立つ言うんよ。なんでかわかる?」
原田さん「縁起が悪いけん?」
力さん「船が入ってくるとの、晴れとったのに雨になったとか言われての。」
原田さん「縁起が悪いけん?」
力さん頷く。
なるほど.........^^;
原田さん「昔は、お天道様が見てるとか罰が当たるとか、みんな信じとったよね。それが、犯罪の抑制にもなったんじゃろうね。」

村上永

玉ねぎの収穫

今日は、久しぶりの作業回想法でした。玉ねぎが収穫の時期を迎えたので、第二ふくふく畑からみんなで玉ねぎを10本以上収穫しました。

まず、会場を整えました。ブルーシートから「なめくじ」かと思って見たら、なんと「ヒル」が出てきました。頭が三角形でグネグネしていて気持ちが下がりました。

今日のメンバーが畑に集合すると、二班に分かれて大きくなった玉ねぎを観賞しました。第二ふくふく畑では、木曽さんが寝ころびながらも力いっぱい玉ねぎ2玉収穫。久美子さん、力さんも自力で収穫。小西節子さんは、夢中で数玉収穫してくれています。

第一ふくふく畑は、みなさん「まだ早い。」とのことで、今回は収穫を見送ることにしました。

原田さん「玉ねぎの青いネギのとこは、食べよった?」
力さん「わしらの時は、戦争時分じゃけ、なんでも食べよった。すき焼きに入れたらええでえ(笑)」

みなさん、終始笑顔で収穫楽しまれていました(^^)v

(村上永)