<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">

特定非営利活動法人ふくふくの会

Tel/Fax 0897-77-3663 〒794-2503 愛媛県越智郡上島町弓削上弓削3番地 ホームページを見たとお知らせ下さい。

ふくふくの会本社 ブログ

脳の健康教室弓削島校(6/30)

今日は、消防署2階、第1会議室で教室を行いました。
学習が始まる前に、棒体操を「ふくふく音頭」の曲に合わせてしたのですが......皆さん、誰一人、傍観されることなく、楽しそうにしてくれました。やっぱり、音楽に合わせてすると......リズムもとれてよかったです。次回は、違うバージョンでしてみたいと思います。


又、朝から、すこぶる天候が悪かったのですが......お迎えに行くと、受講者さんが「教室がおやすみにならなくて良かった!」と言ってくれました。とても、楽しみにしてくれていること、本当に嬉しく思います!
そして、今日もいつもと変わりなく、にぎやかな教室でした。帰られるときには、雨も上がって良かったです。

(西元浩子)

ジジ 1

猫の赤ちゃんが来た。名前はジジと命名された。
個人的には Jiji のスペルが好きだけど?
そして住居を与えられた。なかなか豪華な住まいだ。
黒猫。yaseteiru。


片目が目ヤニにで被われてるのか? あまり開かないので丹下作善の様相。
元気があまりない。ミルクもあまり飲まない。
夜勤で一緒して情が湧いた。
元気になれよ(*^^)v

(野田明宏)

夏野菜の種を植えよう!(作業回想法)

参加メンバー 石田慶一さん、山下弘子さん、田中ムツエさん、上杉良枝さん

今日は、以前から夏野菜の種を植えようと思っていたのですが、残念ながら雨...。
なので、今回は、昨年と同様に、デッキでプランターに蒔いてみました。芽が出てきたら、畑に移そうと思います(^^)

田中さんは、「まさかここでこんなことするとはな(笑)」と、言いながらも「なんでもしますよ(笑)」と、楽しそうに土を入れたり、種を蒔いたりしてくださいました。
石田さんは、「石田さん、これ何をしているかわかりますか?」と、聞くと、「?????」と、頭を傾げてましたが、いざ種蒔きが始まると原田さんと一緒に種を蒔いてくれています。
上杉さんは、蒔いて欲しいなあと、こちらが思うところになかなか蒔いて下さりませんでしたが、終始楽しそうに蒔いてくれています。
山下さんは、慣れた手つきできゅうりをほいほいと10秒もかからずに蒔き終っています。

芽が出るといいなあと思います。小部屋側のデッキに置いてますので、カラカラになっていたら、水やりをおねがいします<(_ _)>

(村上永)

上島町生活支援体制整備協議体に参加しました。

 何だか、長い名前ではありますが...先日(6/26)に『平成29年度第1回上島町生活支援体制整備協議体』という会合に参加してきました。

 正直、行くまで何するのかわからなかったのですが(参加した後も、よくわからなかったのですが...('ω'))要するに、上島町の福祉課題について、これまでの行政一辺倒、専門職一辺倒という方法ではなく、地域にある物的、人的な資源を有効に活用していきましょう!という話であったように思う。

 協議に先立って、上島町の保健師から上島町の現状報告があったが、予想通り、決して楽観視できる状態ではない。国の施策として、しななければいけないからする...のではなく、基本的な考えは、コーディネーターが中心となって地域の福祉課題について、協議体が主体的に提案、実行していくというもの...だそうだ。

 行政職員の報告の後の意見交換で、参加者の1人から

『ボランティアゆうてゆうけどの、何でもかんでもボランティアゆうのもどうか思う。草刈りをボランティアでするゆうても、機械を使うたら燃料もいるわな。』

『少し前に"絆"ゆうて、よう言われよったけど、本来的にはの何にもない時から、そうゆうもんは大切にせんといけんのよ。だいたい、人間ゆうんはの、何にもない時じゃのうて、非常事態思わんと知恵も出さんし、助け合おうとせんもんよ。』

『人口ピラミッドでの男の15~19歳が多いんは、弓削商船学校の生徒よの。結局、この子らあは卒業したら、そのままおらんなるわな。商船学校の生徒さんらぁを除いて高齢化率出したら、もっと高い数値が出るんじゃろうね』

など、貴重な意見を聞くことができた。

もっともな話だ。

保健師の言葉...『地域のつながりは畑です』そうゆう、気持ちで気長に大切に考え、実践していこうという話。

イチロー選手の言葉...『遠回りすることが一番の近道』...そうなんやろうなぁ。

僕が参加者の一人として、達成できることは多くはないかもしれないけど、少なくとも『この町に住み続けたい』と願う人に対して、できることを考え、提案してみたいと考えている。

(竹林健二)

シャボン玉 並んだ

takuboさん
スイッチoff(^_^;)

3000人の吹奏楽

大阪京セラドームで "3000人の吹奏楽"という イベントがあり 鑑賞してきました(*^_^*)

一糸乱れぬ マーチング、共に盛り上げる チアリーディング。
ドーム内に響きわたる トランペットや ドラム、シンバル等の 音 音 音。
わたしの胸も それに合わせて ドン♪ドドドン"と鼓動を打ち、とても感動的な時間でした。

楽器の音って とても素敵ですね(*^_^*)

ふくふくの会でも 懐かしい歌を歌い、時に ご利用者さんも楽器を手にしたりします。
日々、素敵な音に 癒されています。

(寺沢知枝)

脳の健康教室弓削島校(6/23)

今日は、深夜明けでお疲れの西原君に、無理をお願いして、笑いヨガをしてもらいました。とても、好評で......受講者さん、サポーターさんもノリノリで笑っていただきました。


一人の受講者さんが「先生に、飲み物もおだしせんでええんかねえ!」と言って、気を遣われていました。本当に優しい言葉に感謝です。
そして、受講者さんが3名お休みだった為、マンツーマンでサポーターさんに関わってもらうことができました!とても、スムーズに時間が過ぎていったようです。
今日もサポーターさんの協力があり、片付けも早く、私達、スタッフは、とても助かっています。ありがたいですね!

(西元浩子)

梅干しの想い出(ふくふく)

梅干しの想い出(ふくふく) 

☆梅干し☆
梅干し漬けたことありますか?
本山さん「いいえ、ないです(笑)」
梅干しは好きですか?
本山さん「好き。祖母が漬けてたけど、おいしかった。うちには、大きさの違う梅が3種類漬けてあったよ。」
小西さん「ねえちゃん、梅の木は、大きくてもこがなかろ(ジェスチャーあり、小さい、細いイメージでした)、梅を一個一個とるのめんどうじゃけ。気を揺さぶって梅を落とすんよ。」
なるほど~(^^)弘子さんは梅好きですか?
弘子さん「嫌い。大嫌い(笑)甘いのが好き。」
小西さん「ねえちゃん(弘子さん)、杏子が熟れとるのおいしいでえ。食べたことある?」
弘子さん「ないです。」
石田さんは杏子食べたことあります?
石田さん「杏子?わからんのお。」
小西さん「(石田さんは)大阪育ちじゃけのう。」

☆大阪☆
石田さん、小さいころから大阪だったんですね。
小西さん「高校くらいまで大阪じゃったで。うちの兄貴も歳が同じくらいで、(石田さんは)金持ちじゃって、皮の靴買ってもろとって、兄貴がうらやましがっとった。(石田さんと小西さんは親戚)」
そうなんですね。石田さん大阪弁しゃべりませんね?
石田さん「大阪弁?あれは、ブサイクな。日本語じゃない。」
ありゃ^^;
石田さん「人を見てすぐ、『あいつ、アホやなあ~』って失礼じゃ。」
なるほど^^;本山さん、石田さん大阪育ちなんですって。
本山さん「私も大阪。」
ええ~本当に?^^;
本山さん「生まれたのは、大阪。妹が生まれてね。私が2歳ぐらいの時、子どもが多くて大変じゃろうって、祖母が弓削に連れて帰って育ててくれたんよ。友だちが、自分の兄弟や両親のこと悪く言ったりするの聞いて、なんでそんなこと言えるんじゃろ?って思ったよ。おばあさんっ子は、三文安いなんて言われたりもしたけど、祖母には、感謝してるよ。」
大事に育ててくれたんですね(^^)

☆本山さん☆
駄菓子屋さんは、いつからされているんですか?
本山さん「初めは、衣料品店。おばあさんと一緒じゃけ。それで、お菓子も!ってことで駄菓子屋をおばあさんと一緒にやりよったよ。」
おばあさんの代から本山(駄菓子屋)は、あったんですね。

☆弁当☆
小西さん「チソ食べるのも好きよ。」
おいしいですよね。
小西さん「シャケの頭に、塩をいっぱいつけて焼いての。それをご飯の上に入れて弁当持って行きよった。その日はの、シャケの頭は、そのままにして、塩の付いたごはんに食べての。また次の日、そのシャケの頭をごはんに乗っけての、頭を食べよったけど、目玉も美味しかったのう。はらわたもの。塩いっぱいつけての。同じようにしよったで。」
原田さん「昔は、塩たくさんつけてしょったみたいなね。弘子さんは、シャケは好きですか?」
弘子さん「シャケは食べます。」

☆電卓☆
竹安さん「姉(弘子さん)は、そろばん習ってたからね。今でもそろばん覚えてると思うよ。私は、学校でちょっと習っただけだからね(笑)電卓が出たころはね。1万円くらいしたけどね。」
そうなんですか^^;高いですね。
竹安さん「今は百円でも売ってるね。当時は、私、安月給だったけど、買ったよ。嬉しかったね(笑)」

(村上永)

脳の健康教室弓削島校(6/16)

受講者さん:12名 サポーターさん:8名

の方が教室に参加してくれました。継続された受講者さんはテキストも難度が高くなってきていますが.........皆さん、個々にスピードが落ちることなく取り組まれています!今日もまたまた感心させられました!中には、一段とスピードアップされている95歳の受講者さんもいます。すばらしいですねえ!

「最初は、やかましくてどうにゃら!」と思っていましたが......「今は、全く気にならず、集中して学習できるようになった。」と言われた受講者さんがいました。

 この言葉こそ、私達、スタッフが聞きたかった言葉です!うれしいなぁ!来週も受講者さん同様、頑張ろうと言う気持ちになりました。

(西元浩子)

第3回ふくわくカイゴ教室

6月14日、第3回ふくわくカイゴ教室[見てすぐ使える介護の技]を開催しました。

介護技術というマニアックな講座の内容にもかかわらず、日頃から当会に関わって下さっている方や全く初めてという方まで参加してくださいました。

カイゴの技術を体験していただくには、とてもいい人数でしたので、1時間半の間、みっちりと実技の説明や実技を繰り返すことができました。

参加してくれた方からも「へぇー」や「おぉー」など良いリアクションをしてくれたので気持ちよく話をすることができました。

 今年度の介護技術の教室はこれで終わりですが、普段、私たちがしている介護の仕事を知っていただきたいのと、もっともっと正しい介護の方法を多くの方に知ってほしいと思いました。

参加していただき、ありがとうございました!

カイゴ教室は毎月あります。7月は[懐かしばなしに花を咲かせましょう~回想法による認知症予防~](7月19日)です。ぜひ!参加してくださいね('ω')

フィード