<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">

特定非営利活動法人ふくふくの会

Tel/Fax 0897-77-3663 〒794-2503 愛媛県越智郡上島町弓削上弓削3番地 ホームページを見たとお知らせ下さい。

ふくふくの会潮騒事業部 ブログ

思い出を語る会in潮騒

梅干しの思い出(IN潮騒)

さっそく、ふくふくでつけた梅干しをみなさんに見てもらいました。
みなさん「つばが出る」とか「きれいなね~」と感心しきりでした。もしかしたら食事前に唾液を促すのに、梅干しが役立つかも?ですね。(*^^*)

スタッフ:梅干しの思い出を聞かせて下さい。
米田「昔はらっきょうや漬け物でご飯食べたけんね。おかずがないけ梅干しがないと食が進まんかった。」
安川「家のまわりに梅の木があったからね漬けよったね。」
広宮「下準備はしましたが、あとはお姑さんが作ってくれました。今は もう食べる量も少しじゃからね。うちは主人が焼酎梅を(お母さんのために)毎年漬けました。主人のお父さんは早く亡くなったからお母さんを大事にしてね...小学校くらいの時は父親が欲しいんです。」
安川「ビロードの丘におった時に、自分が着けた梅干しを持って行ったのを忘れて帰って。今でも気になるけど、もらいに行くわけにもいかんしねぇ。」

そんな話をしていると、広宮さんの娘さん二人が来所され、かずこさんは娘さんたちのもとえ。

安川「広宮さんは私と同級生。授業中にしょう油餅を食べよった(笑)」
スタッフ:へぇー!先生に怒られなかったですか?
安川「わからんように食べたんかねぇ、そんな怒られることもなかたったよ」
スタッフ:しょう油餅ってどんなお餅ですか?
安川「砂糖じょう油をつけたお餅。」

美味しそうなお餅です。そのころは学校の先生もおおらかだったようです。
お話のあいだにおやつの時間となり、米田さんはサラダせん餅を食べました。

米田「このサラダはどうゆう意味かね?」
スタッフ:生野菜にドレッシングやマヨネーズかけて食べるんです。
安川「マヨネーズを始めて食べた時は気持ちわるかったよ~ケチャップもその頃からじゃね」
スタッフ:みなさんポテトサラダとか作りましたか?
ジツエ「ジャガイモに家で作った野菜とソーセージ入れてね。」
米田「サラダはどうゆう意味かね?」
スタッフ:野菜を切ってまぜて...日本で行ったら酢の物かなぁ(^_^;)

現代より食材も少なかった時代、梅干しやらっきょうはとても身近で、当たり前のように食卓に上り、当たり前のように家庭で作っていたようです。
「今はあんまり食べんねえ」と皆さん異口同音に。できたらみなさんの口に入るよう、今回漬けけた梅干しがちゃんとできますように。✿

(原田美保)